information

wedding bouquet

ウェディングの仕事は、花をはじめた頃からずっとずっと夢でした。


個人的には、ウェディングブーケは生花を束ねられたらいちばん素敵じゃないかなと思っています。

花屋は、花嫁様のブーケのために、仕入れ、花の水揚げから温度管理を徹底し、花の鮮度や開花に神経を尖らせ、たくさんの中からその日のためにいちばん美しい状態の花を選りすぐり制作しています。

制作も、人の手のぬくもりで花が痛んでしまうためスピード勝負です。
私も花屋で働いていた頃、その準備場面の緊張感を間近で体感させていただいていました。
(ペーペーだったので、下準備の手伝いはあっても束ねることは許されずでした)

生花のフレッシュなみずみずしさ、香り、柔らかさ、しなやかさ、ウェディングにはやっぱり素敵です。
ですが、それらの理由から、私は個人宅で生花を扱うことには自信がなく難しいと考えています。


普段、プリザーブドフラワーやドライフラワーといった自然素材をメインとしてリース等を制作しています。
もちろん、プリザーブドフラワーやドライフラワーを使用したウェディングアイテムもとても素敵です。色合いもクオリティも素晴らしく、こちらも自信を持っておすすめできます。

ただ、メインとなる花材の種類がどうしても限られており、なかなかバリエーションを持たせることが私には難しく、ずっとウェディングにきちんと踏み出せない理由のひとつでした。


仕入れ先を訪れると、溢れるような豊富な種類のアーティフィシャルフラワーが出迎えてくれます。
本物なの?と目を疑うような、素晴らしいクオリティに初めはとてもびっくりしました。
それらを目にしているうちに、ウェディングブーケとして束ねてみたいという気持ちが強くなっていきました。

アーティフィシャルフラワーは耐久性にも優れており、種類も豊富で、前撮りから挙式まで、また海外ウエディング等、その特性が重宝される場面が必ずあると思います。

上質でそのクオリティは本当に素晴らしく、自信を持っておすすめできます。

生花のウェディングブーケのような自然な雰囲気に束ねられるように。
まだまだ駆け出しですが、今後、色んなかたちでウェディングアイテムのご紹介ができればと思っています。